実践!STEAM

2019.08.29

目指せエッシャー!テッセレーションに挑戦

テッセレーションとは、一つまたは複数の限られた図形で、平面を隙間なくうめつくすこと。シンプルなものでは、三角形や四角形、蜂の巣のように六角形のタイルでうめつくすものがあります。

もっと複雑な図形でもできます。例えば、だまし絵で有名なエッシャーの、鳥や魚をモチーフにした作品は、多くの人が教科書などで目にしたことがあるのではないでしょうか。

実は、簡単な方法で複雑な形のテッセレーションが作れます。

用意するもの

  • 厚紙
  • 鉛筆
  • 定規
  • ハサミ
  • テープ

やり方

まず、厚紙から小さな正方形を切り出します。今回は4.5cmにしました。そして、好きな形の線を左右に引きます。

この線に沿って厚紙を切り、上下をひっくり返します。真ん中でテープで貼り合わせます。

90度回して同じように線を引いて切り分け・・・

上下をひっくり返して貼り合わせたら型紙の完成です。

白い紙を用意して、輪郭をうつしとります。

型紙を回転させずに平行移動させると、何個もくっつけることができます。描き終わったら、ぐるぐる紙を回して何の形に見えるか考えてみましょう。今回は、帽子をかぶったおかっぱの女の子にしました。

カラフルに色を塗って完成です!

このように偶然できる形を何かに見立てるのであれば、小さなお子さんでも楽しめます。上級編としては、何の絵にするか決めてどうやったらその形ができるか試行錯誤するのも面白いかもしれません。また、正方形ではなく三角形や六角形を元にして図形を作ることもできます。色々試して、どうやると敷き詰められるのか考えてみましょう。

参照サイト

(文:佐藤琴音)