実践!STEAM

2019.09.27

厚紙でダ・ヴィンチの橋を作ろう

今回紹介するのは、ダ・ヴィンチが考案した橋です。

きれいなアーチになりますが、実は接着剤も釘も一個も使いません。それでも、とても丈夫な橋ができるんです。

用意するもの

厚紙(写真はティッシュの空箱)

やり方

厚紙を、細長い短冊形に切ります。それを真ん中でおり、山形にします。同じものを9本作ります。

これで準備は完了です。次は、橋の形に組み上げていきます。

この作業には、少なくとも二人必要です。画像を見ながら組む順番を考え、息を合わせて組み上げてください。

丈夫にするコツは、棒が内側や外側に曲がらないようにすること。多少ずれても組み上がりますが、上に何か載せるとすぐに潰れてしまいます。

出来上がった橋は、手のひらより少し大きいくらい。でも、文庫本を載せてもつぶれませんでした。

この橋を作るのに大事なのが材料です。山形の厚紙に行き着くまでに、まず試したのは鉛筆。でも、滑ってすぐに崩れてしまいました。接着剤などを使わないこの橋を支えるのは、摩擦力だけだからです。次に、折っていない厚紙を試しました。しかし今度はペラペラすぎました。そこで半分に折って厚みを出すと、今度はうまくいきました。

でも、この材料にも弱点があります。それは重いものを乗せると折れてしまうこと。もっとうまくいく材料は何でしょう?あるいは、厚紙の折り方を変えたら?

身近な材料を試して、丈夫で組み立てやすい材料を探してみてください。

さらに、同じようなやり方でどんどん橋を長くすることもできます。「ダヴィンチ 橋」で検索するといろんな大きさや材料の橋が見られます。ぜひ挑戦してみてください。

参照サイト

i Game Mom “How to Build Da Vinci Bridge with Pencils – A fun STEM Challenge”

(文:佐藤琴音)