米TIME誌の「最も優れた若きイノベーター」にも選ばれた、世界のSTEM人材・15歳の科学者ギタンジャリ・ラオさん特別講演会国内で初開催!

先端科学技術分野をはじめ、幅広い分野で活躍できる女性の発掘・育成を目指し、大分県では、9月より女子学生の活躍やキャリア形成を応援する「女性活躍推進事業」(主催:大分県商工観光労働部 先端技術挑戦課・協力:(株)Barbara Pool/一般社団法人STEAM JAPAN))がスタート!

女子学生を対象に、国内外で活躍する女性起業家や発明家、エンジニアなどさまざまなキャリアを歩む女性たちの講義・講演を通じて、理工系分野等への知的好奇心や課題解決について考えるだけでなく、大分の未来を考える機会を提供する事業となります。

第一回目は、2020年に米TIME誌初の「Kid of the Year」を受賞した15歳の女性科学者、ギタンジャリ・ラオさんによる国内初の特別オンライン講演会を行います。(※令和3年9月26日(日) 10:00〜12:00開催)「自分の力で未来を変えよう」という強い意思を持ち、挑戦し続けることができれば、誰もが世界を変えられるということを、ラオさんの経験や活動を通じて語っていただきます。

国内初の記念すべき講演!なかなかない機会で且つ、オンラインで誰でも参加できるので、是非とも世界のSTEM人材であられるギタンジャリ・ラオさんのお話を聞いてみるのはいかがでしょうか?STEAM JAPANをご覧いただいている教育関係者の方や、親御さん、そして学生さんも、お見逃しなく。(参加申込フォーム:https://forms.gle/VXhDibEhLybsjip48)※参加費無料

【登壇者プロフィール(ギタンジャリ・ラオ氏)】

2005年生まれ。早期鉛検出装置「ティティス」の発明で「アメリカで最も優れた若き科学者」に選出され、EPA(米国環境保護庁)の大統領賞を受賞。遺伝子工学を利用した鎮痛薬オピオイド依存症の早期診断装置「エピオーネ」や、AIと自然言語処理を利用したいじめ防止サービス「カインドリー」の発明者でもある。

2019年に「フォーブスが選ぶ科学界の30歳未満の30人」、タイム誌の「最も優れた若きイノベーター」に選出。イノベーション、および世界中で実施するSTEMワークショップが過去2年間で4大陸の3万5千人の学生にインスピレーションを与えたとして、2020年にはタイム誌初の「キッド・オブ・ザ・イヤー(今年の子ども)」に選ばれた。セッションでは、自身のイノベーションのプロセスを、世界中の学生たちが使えるように伝えている。TEDスピーカーとしての経験も豊富で、グローバルなフォーラムや企業のフォーラムで、イノベーションとSTEMの重要性について発表している。

ギタンジャリ・ラオさん講演会概要

◆タイトル:ギタンジャリ・ラオ特別講演会

◆主催:大分県 商工観光労働部 先端技術挑戦課 先端技術挑戦班

◆日時:令和3年9月26日(日) 10:00〜12:00

◆場所:オンライン開催(Zoom ウェビナー)

◆参加費:無料

◆募集期間:8月30日(月)~9月24日(金)

◆参加申し込みフォーム:

https://forms.gle/VXhDibEhLybsjip48

*聴講を希望される方はこちらからお申し込みください。どなたでも参加可能です。
*本イベントを取材希望されるメディアの方は、9月17日までに大分県女性活躍推進事業 事務局(株式会社Barbara Pool内: 080-3781-4079 )までご連絡ください。

「OITA GIRLS 8PROJECT」

同時に、大分から未来を変えたいと思う18歳以下の女子学生を全力で応援する「OITA GIRLS 8PROJECT」の募集を開始します。選抜した女子学生(8名程度)を対象として、大分県を背負って活躍する女性の育成を目的とし、女性起業家マインド、キャリア、STEAM的思考等々に触れ、学べる特別プログラムを受けてもらいます。
なお、受講した女子学生には、自分の「最も成し遂げたいこと」を最終講演会でプレゼンテーションしてもらいます。全事業プログラム終了後、本プロジェクトにご参加いただいた方全員を「大分から未来を変える18歳以下の女性(U-18)」に選出・表彰いたします。

詳しくは、「女性活躍推進事業」公式ウェブサイト:https://oita-g8.jp をご参照ください。
※今後のその他の講演会、及び「OITA GIRLS 8 PROJECT」は上記サイトでお知らせ・公募いたします。