【9/12開催】フィンランドの幼児教育をオンラインで学ぶ

2020.08.30│イベント情報

バンコクのフィンランド大使館は、8/22から9/12の間で教員のための幼児教育についてのオンライン講座を行なっています。

フィンランドは、教育とケアを統合した「エデュケア」と言うモデルの幼児教育で知られています。幼児期は、その後の長期間に渡って子どもを助ける急速な発達と学びの時期です。フィンランドでは学齢期前の全ての子供が幼児教育とケアを受ける権利があるとされており、国によるカリキュラムのガイドラインも設定されています。

既に2つの講座が終了していますが、9月12日に行われる講座はまだ応募することができます。テーマは「フィンランド流幼児教育をあなたの国に導入するには?」。100ヶ国以上を訪れ、様々な地域の特性にも詳しい講師とともに、フィンランドの幼児教育からどのような部分を取り入れることができるか考えます。

この講座でベースとするのは、ヘルシンキ大学が協力して作り、研究に基づいて開発が続けられている「HEI Schools」と言うモデルです。テストや競争よりも子供の創造性や社会性、探求を重視し、遊びの中で学ぶことを大事にしています。世界中にスクールが開かれ、教材キットなども販売されています。

講座は英語で行われ、オンラインで参加することができます。フィンランドの幼児教育を取り入れる具体的な方法に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

講座の概要