ニュース

2020.03.17

24時間ではしりぬける物理

2020年03月20日 19:00時〜YouTube Liveにて配信開始! 「24時間ではしりぬける物理」は「コロナウイルスに人類の知の欲求は負けない」をテーマに行われる社会貢献を目的とした教育エンターテインメントです。


【テーマ】

「24時間ではしりぬける物理」は「コロナウイルスに人類の知の欲求は負けない」をテーマに行われる、社会貢献を目的とした教育エンターテインメントです。

昨今のコロナウイルスの影響により、教育機関の休校措置や様々なイベントの自粛、広がる感染への不安などから殺伐とした空気が日本中を漂っています。
そんな空気を少しでも変えるべく、物理学者で『ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論』の著者、小林晋平 東京学芸大学准教授が立ち上がります。

小林 准教授の持つ高いパフォーマンススキルで、高校で習う物理全分野を24時間連続で講義を行います。
この前代未聞のチャレンジによって皆様の知的好奇心を駆り立て、学問の楽しさや学ぶことの喜びをお届けします!

 

【イベント概要・日時】

名  称: 24時間ではしりぬける物理

開催日時: 2020年03月20日(金)PM1PM19:00~
              03月21日(土)PM20:00

会  場: 東京学芸大学

配信アドレス:https://youtu.be/JU9RhhnsSTk

公式サイトはコチラ

 東京学芸大学の理論物理学者の小林先生よりこのような発表がありました。24時間どのように進めていくかのタイムテーブルもサイト上には掲載されています。対象は高校生からですが、『物理』という教科一点特化されての今回のプロジェクトです。

 学びのきっかけに、物理という世界に触れてみるのにいかがでしょうか?