後援:

2021

中高生による社会課題解決を表彰するアワード

自分たちの未来は、自分でつくる!

審査委員長は、落合陽一氏!

応募期間
延長決定!

What is

STEAM
JAPAN
AWARD ?

STEAM JAPAN AWARD 2021 ローンチ記念プチオンラインイベントを実施しました!
STEAM教育に興味のある方、応募に迷っている方、是非下記よりご試聴ください!

時代の変化について、ずっと叫ばれてきていましたが、まさに昨今は、我々みんなが全てのアップデートを求められるタイミングとなりました。
コロナウイルス後の、日本全体とそして未来を生きる若者に求められる力は、「変化を受け入れて、前に進みぬく力/新しいものを生み出す力」。

一定のレールに乗れば安心・安全、その時代は終わり、 次の時代へと我々は移行していきます。
日本にも、今、すでに、変化を受け入れ「自ら課題を設定」「自分のスキル」でそれを解決する、そんな次世代が台頭してきています。
是非、そうした人々にスポットを当てていきたい。
そうした思いで「自ら課題を設定し、アイデアをカタチにして解決していく」中高生を表彰する取り組みをスタートします。

ひとりひとりが、未来の当事者。
STEAM JAPAN AWARD

STEAMの
目指すところ

STEAMとは
科学・技術・工学・芸術・数学の5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語。
科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)。アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。 知る(探究)とつくる(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びです。

体験の中でさまざまな課題を見つけ、クリエイティブな発想で問題解決を創造、実現していくための手段を身につけます。
社会とテクノロジーの関係がますます密接になっていくこれからのAI時代、この5つの領域の理解と学びを具体化する能力がますます必要となってきます。

我々は、このアワードでは「自ら課題を設定し、新たな変化を生み出す人材=STEAM人材」として表彰取り組みをいたします。

STEAM教育詳細は:こちら

一次選考通過者

ちか
高校2年

Infarm

SSTECH
兵庫県立洲本高等学校 高校1年

エコで安価なロケットで宇宙を目指せ!

Litable
山形県立東桜学館高等学校 高校1年

IDEALLY

かれん
中学3年

NO いじめ

キッスイ
高校3年

FOODEMON

Bチーム
群馬県立桐生高校 高校1年

日傘っていつ差すの?今でしょ

まお
高校1年

chilid camera

れもん
京都先端科学大学附属高等学校 高校1年

検温の時間を無くしたい

ブルースマホカバーズ
群馬県立桐生高等学校 高校1年

挟むぜしおり、きざむぜメモリー

N&Abrothers
桐生高等学校 高校1年

袋イルカー

きりもんず
群馬県立桐生高等学校 高校2年

Smart Mist

チームACE
広尾学園高校 高校1年

Beyond Prejudice with Us

Gomi No!
東京学芸大学附属国際中等教育学校 高校2年

Gomi No! ~Dominoで伝える環境問題~

C-Aufish
中学1年

養殖効率化における課題とその解決法

Pal
大分県立佐伯鶴城高等学校 高校3年

防災ゲームで“知る”防災

Aチーム
群馬県立桐生高等学校 高校3年

ねてるライト

日田高校SSH AIロボット班
日田高校 高校3年

完全自動追尾撮影ロボット

SAKURA Tempesta
中学1年

中高生による中高生のためのロボットワークショップ

GREEN TECH ENGINEER LAB
中学2年

相模湖・若者の森づくり

あいか
品川女子学院 高校2年

marumo

Mina
中学1年

誰でもどこからでも参加できるテクノロジーフェスティバルの準備

高崎高校物理部2年
群馬県立高崎高等学校 高校2年

学校IoT革命 with コロナ―CO2濃度と在室人数の同時測定システムの開発と数理モデルによる解析―

高々1619@物理部
群馬県立高崎高等学校 高校1年

スマート盲導杖「道しる兵衛」 〜AI搭載白杖による視覚障害者歩行支援〜

チームジェネレーションギャップス
広尾学園高等学校 高校1年

見守りカメラ〜男女だけでは区切れない、多様な性の尊重に向けて〜

GCC
奈良県立国際高等学校 高校2年

森林の分断ゲームで伝える〜私たちとボルネオが手を取る未来〜

LCCC
立教女学院高等学校 高校2年

全ての人にスムーズなコミュニケーションを

Bridge
高校2年

『農業の危機を救え』の上映会

It for you
筑波大学附属坂戸高等学校 高校2年

It for you

me to you
東京都立国際高等学校 高校2年

拡散しよう!ミートフリーの魅力

栗原璃音
渋谷教育学園渋谷中学高等学校 高校2年

学びのオリンピックSOLA (Shibuya Olympiad in Liberal Arts) 2021

Reel_to_Reel / りーるとぅりーる
学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校 高校2年

オーロラコーラスプロジェクト / Aurora Chorus Project

Yangonかるたプロジェクト
国際基督教大学高等学校 高校1年

Yangonかるたで知るミャンマーのいまー知ることが未来を変えると信じてー

大分県立日田高校3年
大分県立日田高校 高校3年

Let's Clean Water! 世界中の環境を守る浄水装置

募集作品

社会課題を抽出・設定し、自分たちの具体的なスキルで解決・実装した事例を募集し、それをもとに審査し、優秀者を表彰致します。

応募概要

賞金:10万円

賞金:5万円

賞金:1万円

アイデア賞:1万円

Makeblock賞
高性能レーザー加工機「xTool D1」

Panasonic賞
パナソニック クリエイティブミュージアム「AkeruE」無料ご招待チケット

参加条件

2022年3月時点で中学1年生から高校3年生までを応募可能な年齢と致します。
(高等専門学校や定時制高校に通われている場合は、2022年度3月時点で19才以下の方が応募可能な年齢となります。)
ご自身でご応募が出来ることが条件となります。保護者の同意を得てご応募をして下さい。
応募詳細は下記の応募フォームをご確認ください

審査員

審査委員長
落合陽一(メディアアーティスト)

1987 年生まれ、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、 博士(学際情報学)。筑波大学デジタルネイチャー開発研究センターセンター⻑、准教授・ JSTCRESTxDiversity プロジェクト研究代表。IPA 認定スーパークリエータ/天才プログラ マー。2017 年〜2019 年まで筑波大学学⻑補佐、2018 年より内閣府知的財産戦略ビジョン 専門調査会委員、内閣府「ムーンショット型研究開発制度」ビジョナリー会議委員、デジタ ル改革法案 WG 構成員、文化庁文化交流使、大阪・関⻄万博テーマ事業プロデューサーな どを歴任。Prix Ars Electronica、SXSW Arrow Awards、MIT Innovators Under 35 Japan な ど受賞多数。写真家・随筆家など、既存の研究や芸術活動の枠を自由に越境し、探求と表現 を継続している。

特別審査員
浅野大介(経済産業省商務・サービスグループ サービス政策課長(兼)教育産業室長)

2001年に経済産業省に入省。資源エネルギー・地域経済など様々な政策分野の業務を経て、2016年に教育産業室を立ち上げ。文部科学省との協業によって、初等中等教育においての1人1台端末環境の早期実現を進めるGIGAスクール構想の推進や、EdTech(エドテック)を活用した新しい学び方を実証する「未来の教室」プロジェクトを推進し、全国の学校で実証事例を展開している。

特別審査員
大杉住子 (文部科学省初等中等教育局幼児教育課長)

1997年、文部省(現・文部科学省)入省。幼児教育、大学教育、キャリア教育など教育分野を中心に担当し、愛媛県教育委員会保健スポーツ課長、在イタリア日本国大使館文化科学アタッシェなども歴任。2014年から文部科学省初等中等教育局教育課程課教育課程企画室長として学習指導要領改訂の中核を担い、2017年から独立行政法人大学入試センター試験・研究統括補佐官として2020年度から実施される「大学入学共通テスト」の作問に関する業務に従事。2019年文部科学省 国際統括官付 国際戦略企画官(併)日本ユネスコ国内委員会事務局次長。現職は、文部科学省初等中等教育局幼児教育課長。

実行委員長 兼 審査員
井上祐巳梨 (STEAM JAPAN 編集長)

日本最大のSTEAM教育専門メディア『STEAM JAPAN』編集長。地域・社会課題をクリエイティブで解決するイノベーションカンパニー株式会社Barbara Pool代表取締役/クリエイティブプロデューサー。一般社団法人STEAM JAPAN代表理事。

STEAM JAPAN AWARD
立ち上げの想い

まさに今、不測の時代と呼ばれるようになり「正解」がない時代となりました。
正解か不正解かで問題を問いていくのではなく、解のないものに立ち向かっていくその力そのものこそが、次世代にまさに求められていくことだと思います。
STEAM JAPANでは、そのような時代を切り拓く「自ら課題を設定し、アイデアをカタチにして解決していく」STEAM人材を表彰する取り組みを始めます。「自分が、変えていく。」そのくらいのパワーや想いを持つ若者を、全力で応援したいと思います。

昨年度の AWARD を通して
昨年立ち上げた『STEAM JAPAN AWARD』ですが、応募いただいた学生などから、「こうしたアウトリーチの活動を評価してくれる場があって、とても嬉しかった」という声を多数いただきました。「全国にたくさん、課題解決のプロジェクトをしている仲間がいることが 知れて、良かった。」という声も。今ちょうど、解のないものに立ち向かっている皆さん。是非、今年のアワードにご応募ください。
私たち、ひとりひとりが、未来を創る当事者です。

STEAM JAPAN AWARD 実行委員長 井上祐巳梨

スケジュール

■応募期間:7月13日〜10月15日
■審査期間:締め切り後〜11月末頃
■表彰:12月18日(土)※オンライン実施予定
※応募・社会状況等によって、スケジュールは変更の可能性がございます。
※学校(団体)応募については、スケジュールが異なります。個別にお問い合わせください。

Sponsored by

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

ご協力

一般社団法人STEAM JAPAN 理事 落合文四郎氏

後援

主催

STEAM JAPAN AWARD 実行委員会
https://steam-japan.com/

応募受付は終了しました