中高生による社会課題解決を表彰するアワード
自分たちの未来は、
自分でつくる!

What is
STEAM
JAPAN
AWARD?

時代の変化について、ずっと叫ばれてきていましたが、
まさに2020年は、我々みんなが全てのアップデートを求められるタイミングとなりました。
コロナウイルス後の、日本全体とそして未来を生きる若者に求められる力は
「変化を受け入れて、前に進みぬく力/新しいものを生み出す力」。

一定のレールに乗れば安心・安全、その時代は終わり
次の時代へと我々は移行していきます。
日本にも、今、すでに
変化を受け入れ「自ら課題を設定」「自分のスキル」でそれを解決する
そんな次世代が台頭してきています。
是非、そうした人々にスポットを当てていきたい。
そうした思いで「自ら課題を設定し、アイデアをカタチにして解決していく」
中高生を表彰する取り組みをスタートします。

ひとりひとりが、未来の当事者。

STEAM JAPAN AWARD 2020.

STEAMの目指すところ

STEAMとは
科学・技術・工学・芸術・数学の5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語。
科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。 知る(探究)とつくる(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びです。

体験の中でさまざまな課題を見つけ、クリエイティブな発想で問題解決を創造、実現していくための手段を身につけます。
社会とテクノロジーの関係がますます密接になっていくこれからのAI時代、この5つの領域の理解と学びを具体化する能力がますます必要となってきます。

我々は、このアワードでは「自ら課題を設定し、新たな変化を生み出す人材
=STEAM人材」として表彰取り組みをいたします。

STEAM教育詳細は:https://steam-japan.com/practice/891/

募集作品

自ら課題を設定し、それを解決した施策をご応募をして頂きその内容を審査致します。
現在オンラインの投票と審査員の審査によって、表彰を行う予定です。

【作品例】

湯野拓也/石田翔梧『マスクホルダー』

STEAM スキル
ArtEngineering

〜コロナ禍で全力で仕事をしている人に安全を届ける〜
このような状況の中でも全力で仕事をしてくれている人に僕たちも何かしたいと思い、たどりついたのがマスクホルダー制作。プラスチック部分の材料はクリアファイルで、マスクの角につけた小さな磁石にガーゼを留めて使えるようになっている。デザインにもこだわっていて、ホルダーの切れ込み部分が笑った口元に見えるようにデザインを行った。また感謝の意を少しでも伝えたくて、拍手を表現した手紙も作った。

町田 翔『HELP CANE』

STEAM スキル
ArtTechnology

視覚障がい者の方が白杖を頭上に持ち上げて出すヘルプサインの普及率の低さがHELP CANE開発のきっかけ。救急車やパトカーの回転灯にヒントを得て、回転灯を取り付けた白杖を開発。誰でも見たことのある回転灯なので、若者から大人まで、夜間でも認知することができる。 さらに、従来の白杖のイメージを崩さないようシンプルなデザインを意識。また、回転灯部分のカバーはザラザラした素材にすることで誤作動のないようにした。

応募概要

GOLD
(1名)

賞金:10万円

SILVER
(1名)

賞金:5万円

BRONZE
(1名)

賞金:1万円

+各企業賞など

参加条件

2021年3月時点で中学1年生から高校3年生までを応募可能な年齢と致します。
(高等専門学校や定時制高校に通われている場合は、2021年度3月時点で19才以下の方が応募可能な年齢となります。)
ご自身でご応募が出来ることが条件となります。保護者の同意を得てご応募をして下さい。

応募詳細は下記の応募フォームをご確認ください

応募フォームはこちら

審査員

審査委員長
スプツニ子! (アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授)
1985年生まれ。インペリアル・カレッジ・ロンドン数学科および情報工学科を卒業後、英国王立芸術学院(RCA)デザイン・インタラクションズ専攻修士課程を修了。RCA在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像インスタレーション作品を制作。最近の主な展覧会に、2019年「未来と芸術展」(森美術館)「Cooper Hewitt デザイントリエンナーレ」(クーパーヒューイット、アメリカ)、「BROKEN NATURE」(第22回ミラノトリエンナーレ,伊)、2017年「JAPANORAMA」(ポンピドゥーセンターメス、仏)2016年「第3回瀬戸内国際芸術祭」(ベネッセアートサイト直島)、「NEW SENSORIUM」(ZKMアートセンター、ドイツ)、「Collecting Future Japan – Neo Nipponica」(ビクトリア&アルバート博物館、イギリス)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任し Design Fiction Group を率いた。現在は東京藝術大学デザイン科准教授。VOGUE JAPAN ウーマンオブザイヤー2013受賞。2014年FORBES JAPAN 「未来を創る日本の女性10人」選出。2016年 第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」受賞。2017年 世界経済フォーラム 「ヤンググローバルリーダーズ」、2019年TEDフェローに選出。著書に「はみだす力」。
特別審査員
浅野大介(経済産業省商務・サービスグループ サービス政策課長(兼)教育産業室長)
2001年入省。資源エネルギー、物流、危機管理、知的財産、地域経済、マクロ経済分析等の業務を経て、2015年6月より資源エネルギー庁資源・燃料部政策課長補佐(部内総括)、2016年7月より大臣官房政策企画委員としてサービス政策と産業保安政策の部局再編を担当し、その際に教育産業室の発足を企画。2017年7月より大臣官房政策審議室企画官、10月より教育産業室長を兼務、2018年7月より現職。
特別審査員
大杉住子 (文部科学省 国際統括官付 国際戦略企画官(併)日本ユネスコ国内委員会事務局次長)
1997年、文部省(現・文部科学省)入省。幼児教育、大学教育、キャリア教育など教育分野を中心に担当し、愛媛県教育委員会保健スポーツ課長、在イタリア日本国大使館文化科学アタッシェなども歴任。2014年から文部科学省初等中等教育局教育課程課教育課程企画室長として学習指導要領改訂の中核を担い、2017年から独立行政法人大学入試センター試験・研究統括補佐官として2020年度から実施される「大学入学共通テスト」の作問に関する業務に従事。2019年から現職。
実行委員長 兼 審査員
井上祐巳梨 (STEAM JAPAN 編集長)
日本最大のSTEAM教育専門メディア『STEAM JAPAN』編集長。地域・社会課題をクリエイティブで解決するイノベーションカンパニー株式会社Barbara Pool代表取締役/クリエイティブプロデューサー。一般社団法人STEAM JAPAN代表理事。

STEAM JAPAN AWARD
立ち上げの想い

まさに今、不測の時代と呼ばれるようになり「正解」がない時代となりました。
正解か不正解かで問題を問いていくのではなく、解のないものに立ち向かっていくその力そのものこそが、次世代にまさに求められていくことだと思います。
STEAM JAPANでは、そのような時代を切り拓く「自ら課題を設定し、アイデアをカタチにして解決していく」STEAM人材を表彰する取り組みを始めます。「自分が、変えていく。」そのくらいのパワーや想いを持つ若者を、全力で応援したいと思います。
STEAM JAPAN AWARD 2020 実行委員長 井上祐巳梨

スケジュール

■応募開始期間:7月13日開始~8月31日
■投票期間:9月中旬開始~10月末日予定
■表彰:11月中旬予定
※応募の状況等によって、投票期間・表彰日程は変更の可能性がございます。

Sponsored by

主催

STEAM JAPAN AWARD 2020実行委員会
https://steam-japan.com/
問い合わせはこちら

応募受付開始:7月13日
応募はこちら