世界のSTEAM教育

2019.07.29

香港 自然保護にSTEAMを生かす

画像:香港大学HPより

6月21日から22日の二日間、香港の人気海洋テーマパーク「オーシャンパーク」が香港政府教育局と提携し、STEAM教育と海洋保全についてのカンファレンスを開催しました。

カンファレンスの目的はSTEAM教育に積極的な専門家や教育者が集まって交流する場を設けること、そしてパークの持つ動物や自然資源を実践的なSTEAM教育のために生かすこと。カンファレンスには世界11地域から60人の専門家と、800人以上の広東、香港、マカオの学校および幼児教育関係者が訪れ、STEAM教育についての見解や知識を共有しました。

また同時に、学生たちがSTEAM教育で得た知識や能力を実世界の問題解決に生かす場として、コンペも開催されました。

コンペは「STEAMと海洋保全」をテーマとし、与えられた3つの課題から一つを選んで学生たちが解決案を提案しました。事前の応募の中から世界各国14チームが選ばれて香港に招待され、最終プレゼンに挑みました。提案されたアイデアには、「海底のゴミを探知してリサイクルできる魚型のロボット」、「VR技術を用いて水中生物の目線から海洋汚染について学ぶ」といったユニークなものも。優勝チームには、オーシャンパークで海洋生物と触れ合う機会が与えられました。

参照記事:Hong Kong University ’60 Renowned Academics and Professionals Participate in The First Ocean Park International STEAM Education Conference’

(文:佐藤琴音)