ニュース

2020.01.30

プログラミング ってなに?

「STEAM」を調べていると”プログラミング”という単語もよく一緒に出てくると思います。 STEAM = プログラミング?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 また、2020年度より小学校でプログラミング 教育が始まります。ただ、何を勉強するの?将来にどう必要なの?など、疑問もお持ちの方もおられるかもしれません。

今回はSTEAM = プログラミングではないということ。プログラミング がどのようにSTEAMと関連しているのか。プログラミング のどういうことが大事なのかを、プログラミングについて わかりやすく書かれた本を紹介します。

この本ではプログラミング で使われる専門用語「アルゴリズム」「シーケンス」「ループ」「抽象化」「デバッグ」を、戦隊ヒーローのキャラクターのように登場をさせています。

『少年が迷子になってしまった』という困った状況の中で、どのように問題解決していくか、プログラミング の専門用語や考え方を通して、説明されている本です。

 身近な状況の展開の中で、物語を通して、プログラミング 的な論理的な考え方を感じていただけると思います。

 冒頭にあった著者の印象的な言葉を紹介します

『プログラミング 教育の目標は、プログラミング の考え方にもとづいた「ものごとを論理的に考える力(プログラミング 的思考)」を算数や理科、総合的な学習の時間といった授業のなかで育成することです。

プログラミング 言語やスキルは、時代とともに移り変わります。でも、考える力は色あせません』

 STEAM教育もまた、5つのつながりの中で学び、想像力、課題解決力、デザイン力を養うものと期待されている教育方法です。

 これからの次世代を担う子どもたちに新たな視点を、新たな考え方を知るきっかけになってもらえればと思います。
この本はプログラミングの初歩の本です。今後のプログラミング を学ぶためのヒントになるかもしれません。

タイトル: いちばんさいしょのプログラミング えほん 

出版年: 2019年6月30日        出版社: KADOKAWA

絵: オオノマサフミ          監修: 小林祐紀

公式HPは コチラ

Facebookも更新中!いいねボタンを是非お願いします。

<<中高生による社会課題解決を表彰するアワード、STEAM JAPAN AWARD 2020 応募受付中!>>

Facebookも更新中!いいねボタンを是非お願いします。

実際にやってみた感想や写真も、「#STEAMJAPAN」をつけてシェアしてください!

<<中高生による社会課題解決を表彰するアワード、STEAM JAPAN AWARD 2020 応募受付中!>>

Facebook instagram