世界のSTEAM教育

2020.04.11

「手洗いマシン」を作るコンテスト開催中!

新型コロナを防ぐために手洗いの重要性が一層叫ばれている今日この頃ですが、そんな手洗いのプロセスをもっと複雑で楽しくする「The Rube Goldberg Bar of Soap Video Challenge」を紹介します。

このチャレンジは、手を洗うための「ルーブ・ゴールドバーグマシン」を作るというもの。ルーブ・ゴールドバーグマシンとは、アメリカの漫画家ルーブ・ゴールドバーグが漫画の中で考案したもので、「ウェイターを呼ぶ」というような単純な作業を複雑な手順で行う、身近な材料で作った装置のことです。いわばミッション付き「ピタゴラスイッチ」のようなもの。

今回のチャレンジのお題は、10~20のステップを使って、誰かの手に石けんを落とすこと。このチャレンジを主催しているのは、ゴールドバーグの孫のジェニファー・ジョージさんです。ジョージさんはこれまでも、祖父の作品を題材にコンテストなどを実行してきました。しかし今年は、コロナウイルスの影響で毎年行われるコンテストが中止になってしまいました。そこで今回、世界中に向けたコンテストを初めて開催しました。

コンテストの詳細は、以下の通りです。

  • 参加チーム・・・年齢、人数に制限はなし。一つの家族か一緒に隔離されているグループならOK
  • 提出方法・・・すべてのステップが映った一本のビデオを撮影し、無編集でYoutubeに「not private」の設定でアップロード。そのリンクを rubefamilychallenge@rubegoldberg.comに送信
  • 締め切り・・・2020年5月31日深夜まで

提出作品から3つの作品が選出され、6月中旬までに発表されます。勝利したチームには、ルーブ・ゴールドバーグのグッズが入ったギフトが贈られます。材料の確保などは普段より難しいですが、家でじっくり取り組めるせっかくの機会。家族で協力して、手に入るもので何ができるか工夫してみてはいかがでしょうか?

参照サイト

The new York Times “A Rube Goldberg Hand-Washing Contraption? The Race Is On”

Rube Goldberg 公式サイト

(文:佐藤琴音)

Facebookも更新中!いいねボタンを是非お願いします。

<<中高生による社会課題解決を表彰するアワード、STEAM JAPAN AWARD 2020 応募受付中!>>

Facebookも更新中!いいねボタンを是非お願いします。

実際にやってみた感想や写真も、「#STEAMJAPAN」をつけてシェアしてください!

<<中高生による社会課題解決を表彰するアワード、STEAM JAPAN AWARD 2020 応募受付中!>>

Facebook instagram