実践!STEAM

2020.04.29

風船とコップで鉄砲を作ろう!

ふくらませて遊ぶと楽しい風船ですが、ヘニョヘニョにしぼんだ風船はちょっと弱そう。でも、しぼんだ風船にもモノを飛ばしちゃうすごい力があるんです。今回は、風船のエネルギーを使った鉄砲を作ります!

用意するもの

  • ゴム風船
  • はさみ
  • プラスティックカップ
  • セロハンテープ
  • ぽんぽんボール、アルミホイルを丸めたボール、ピンポン球など

やり方

  1. 風船の端を結んで、風船の丸い上の部分をはさみで切ります。
    (※ゴムは切りにくいので大人が手伝ってあげた方がいいです)
  2. 風船を広げてプラスチックカップの底にかぶせ、セロハンテープで止めたら、出来上がり。
  3. あとは自分が飛ばしたいものを入れて、片手でカップを持ち、風船を引っ張って手をはなすだけ!色々試してみてくださいね。

さらにチャレンジしたい方は、大きいものと小さいもの、軽いものと重いものでどんな風に違うか、引っ張る強さによって同じかどうか自分で色々試してみてね。どんな方法だと一番とぶかな?

いったいなぜボールが飛ぶのでしょうか?

風船を強く引っ張るのには力がいりますよね。それは引っ張られた風船のゴムがエネルギーを持つから。風船から手をはなすと、蓄えられていたそのエネルギーがぽんぽんボールを動かす運動エネルギーに変わり、ボールが飛んでいくのです。飛んで行ったぽんぽんボールは「重力」に従って、徐々に床に落ちていきます。