磁石とねじで絵をかいてみよう

2020.10.04│実践!STEAM

絵を描くのにいつも使うのはなんでしょう?筆や鉛筆、クレヨンなど色々ありますが、手で持って使いますよね。しかし今回は磁石とねじの力を使って、紙にも絵の具にも直接さわらずに絵を描いてみます!

用意するもの

  • 磁石
  • 絵の具
  • ねじ、ワッシャーなど金属でできたもの
  • トレー(紙より大きいサイズのもの)

やり方

  1. トレーの中にテープで紙を固定します
  2. 紙の上に好きな色の絵の具を出します
  3. 絵の具の上にねじなどを置きます
  1. トレーの下で磁石を動かして、金属を動かします

今回はネジやワッシャーを使いました。磁石を動かすとそれに合わせてネジなどが動き、カラフルな絵が出来上がっていきます。くるくると回ったりする様子を見るだけでも楽しいですよ!

もし色々な種類のネジがあれば、それぞれ試してみてください。缶などの大きいものでもできるかも。いろんなもので試すと、同じ「金属」とは言っても磁石に動かせるものと動かせないものがあるはずです。いったい何がちがうのでしょう?見た目や重さ、金属の種類を確認して、動かせるものの共通点と動かせないものの共通点を探してみてくださいね!

参照サイト

Little Bins Little Hands “Magnetic Painting: Art Meets Science!”

(文・写真:佐藤琴音)

カテゴリ:実践!STEAM