ストロー飛行機を飛ばそう

2020.07.09│実践!STEAM

はねが輪っかの飛行機なんて、不思議でしょう?でも、ちゃんと飛べるんです。しかも作るのもとっても簡単です!

用意するもの

  • 紙(画用紙やチラシなど、なんでもOK!)
  • ストロー
  • テープまたは接着剤

やり方

  1. 紙を細長く切り、輪っかにしてとめます。輪っかは大小二つ作ります
  1. ストローの曲がる部分から先を切り落とします
  2. ストローの両端に紙の輪っかをつけます

小さい輪っかの方を先にして、紙飛行機と同じように飛ばしてみましょう!うまくいくと、スーッと飛んでいきます。輪っかの大きさを変えると飛び具合も変わります。よく飛ぶ大きさのバランスを探してみてください。

すぐに完成するので、いろんなパターンを試して実験するのにもぴったりです。輪っかの形を四角形にして見ると、意外と安定してよく飛びました。他にも、輪を三角形にしたりストローの数を増やして2本にしてみたりもできますね。ここで紹介した作り方を自分なりにアレンジして、自慢の飛行機を作ってみてください!

参照サイト

Scientific American “Loop-the-Loop with a Flying Hoopster”

(文・写真:佐藤琴音)

カテゴリ:実践!STEAM