いつでもパーティー気分!クラッカーを作ろう

2021.01.07│実践!STEAM

クリスマスやお正月が終わり、普段の生活に戻ってきましたね。ちょっとさみしさを感じている人もいるのではないでしょうか。そんな時でもお手軽にパーティー気分を味わえる二種類のクラッカーを作ってみましょう!クラッカーの大きな音が苦手な人でも楽しめますよ。

その1 風船クラッカー

用意するもの

  • トイレットペーパーの芯
  • 風船
  • 粘着テープ
  • クラッカーの中身(折り紙、アルミホイル、モールなど軽いもの)

やり方

  1. 風船の口を結び、口と反対側を1/3ほど切り落とします
  1. トイレットペーパーの芯に風船をかぶせます
  2. 粘着テープを巻きつけ、風船を固定します。上からマスキングテープなどでかざると、よりパーティーのクラッカーらしくなります!
  1. 折り紙やアルミホイルなどを小さく切ったり、ビーズを入れたりしてクラッカーの中身を作ります
  2. できたクラッカーの中身を芯の中に入れます
  1. 風船の結び目をぐっと引っ張り、手を離してみましょう!

きれいに飾りを飛ばせたでしょうか?風船を引っ張る強さや中身の量などを調整することで、より遠くに飛ばせるようになります。どのように調整すると飛び方が変わるか、なんどもチャレンジしてみてください!


その2 空気クラッカー

用意するもの

  • 空気入れ
  • 折り紙
  • セロハンテープ
  • クラッカーの中身

やり方

  1. 折り紙をコーンの形に丸めます。細い方の口が空気入れの先と同じくらいの太さになるようにして、セロハンテープで止めます
  2. 空気入れの先に折り紙のコーンをはめ、セロハンテープを巻きつけて固定します
  1. 風船クラッカーと同じようにクラッカーの中身を用意し、折り紙のコーンの中に入れます
  2. 空気入れで勢いよく空気を出してみましょう!

風船クラッカーと比べて、どちらの方が飛んだでしょう?空気入れを押す強さや速さを変えると、どんな風に飛び方が変わるかも、調べてみましょう。

空気の力を使うには、空気入れじゃなくても大丈夫。ペットボトルやストロー、空気を入れた風船など、家にあるものを工夫してできるか、考えてみるのも面白いですね。


二つのクラッカーは同じように飾りが飛び出しますが、それぞれ違うものが生み出すエネルギーを使っています。なにが飾りを飛ばしているのか、よく観察して考えてみましょう。

普通のクラッカーは一度きりしか使えませんが、このクラッカーは好きな飾りを入れて何度だって使うことができます。クラッカーは特別な時にしかできないという決まりはありません。誕生日やパーティーの時だけでなく、ちょっと楽しいことがしたくなった時や憂うつな気分の時にも、思う存分飛ばしてみてください!

参照サイト

STEAM Powered Family “Build A Confetti Cannon – New Years STEM Challenge”

(写真・文:佐藤琴音)

カテゴリ:実践!STEAM
キーワード: